肺がん

肺がん摘出手術後の水素吸引レポート

タイトルなし.jpg

私の父は数年前に肺がんの手術をうけました。

摘出手術を行った後、一時期の辛い期間を経て現在は自宅で過ごしています。

日常生活は殆ど支障なく過ごせておりますが、痰が出てしょっちゅう咳をしていました。

 

私や母が喜んで吸っていたので、父もこっそり水素を吸うようになりました。(笑)

 

1日に2~3回程度で60分~90分程度、毎日吸引していたようです。

1か月ほどで痰の絡みが減少し不健康な咳も殆どしなくなりました。

私と同様に当初は余り信用していなかった様子でしたが、

元々歯科医師をしていた事もあり、頭でっかちになる部分も

あったかとは思います。

 

今では自ら進んで水素吸引を行うようになりましたので

これが全てを物語っていると思います。(^^)

余談ですが、知り合いの紹介でシンガポールの歯科医師の方から

詳細説明の問い合せを頂きました。

歯肉の改善などに有効性が認められている事もあり。

今後、歯科領域での水素ガスの活用も徐々に増えてくることかと思います。

2020.2.12 永山マッサージセンター 永山 

 

DSC_1023.JPG